間下このみ 「不育症」への思い…自身は死産を経験「産んであげられて幸せ」

  • 2017.12.10 Sunday
  • 08:55

子役出身でタレント、写真家としても活動するタレント・間下このみ(39)が9日、ブログを更新。8日にTBS系で放送されたドラマ「コウノドリ」で取り上げられたテーマ『不育症』について、自らの経験をもとに、思いをつづった。
【写真】不妊に悩んだ過去明かす元アイドル
 間下は2004年6月に11歳年上の一般男性と結婚。06年4月に妊娠6カ月を公表したが、翌5月、死産。同年10月に再び妊娠(5カ月)を公表。しかし、今度は、自身が血液中に血栓ができやすくなり、子供の命を出産まで育めないことが起きやすいという「抗リン脂質抗体症候群」という難病に罹患していることが判明。それでも07年3月に無事、長女・めのあちゃんを出産した。
 自身もお腹の中で赤ちゃんを亡くした経験があり、不育症の原因の一つと言われる病気「抗リン−」を患っていることから、当時を思い出しながら「コウノドリ」を見たという間下。劇中のセリフにもあったように、「亡くなった子どもの事、無理に忘れる事はないと思います」と伝え、「悲しい結果にはなってしまったけど、流産でも死産でも自分たちの子どもである事にはかわりはないから…」とつづった。
 自身は直前の妊婦検診時は全く異変がなかったにもかかわらず、ある日、胎動がなくなり、病院に行くと、亡くなっていたことを告げられた。すでに6カ月を過ぎており、「赤ちゃんもある程度の大きさに成長していたので促進剤などを使い、陣痛を経て出産をしました」と告白。産声を上げることはなかったが、最初の赤ちゃんは男の子。「私は、自分の力で産んであげられて幸せでした」という。
 「息子の事は、決して忘れません」「娘もお空には、お兄ちゃんがいると思っています」と記した間下は現在、ドラマでも取り上げられた「不育症」について、講演や書物を通じて、認識を広める活動をしている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000136-dal-ent

間下このみ 「不育症」への思い…自身は死産を経験「産んであげられて幸せ」

10時間前
自分は、【妊娠すら出来ない…まず、妊娠すら出来ない…】と思っていました。なので、妊娠出来るだけでもいいじゃんっ!!……って思ってましたが………そうではないですね。
カタチになったからこそ…小さくても一度はカタチになってるのを確認してるからこそ、それがなくなるなんて……想像するだけですごく、悲しい。
世の中、知らないだけで、苦しい経験をしてる人…いるんですね。
自分だけじゃないんですね。
名無しさん 1時間前
不育症で流産を経験しています。妊娠してもいつ心拍がなくなるだろうかと眠れぬ日々。自分を責めてはなきました。知人の赤ちゃんを見るのが辛かった。そのうちに夫が外で子供を作ってしまいました。喉まで出かかった、堕ろして…私には言えません。張り裂けそうでした。でも、命って大切ですよね。その後離婚しました。その後は街で見知らぬ赤ちゃんさえも見ることは出来ませんでした。可愛いんだけど可愛いって言えませんでした。友達からの出産の報告がつらく、逃げ出すように音信不通になりました。誰も知らない土地で結婚は?お子さんは?と聞かれない生活をしています。不妊症も不育症も流産も死産も全てつらいですよ。まし、なんてありません。
名無しさん 56分前
酷い元夫だね、別れて正解
名無しさん 23分前
yo****さん
私も妊娠5ヶ月で流産を経験しましたが、10か月お腹にいて死産をした友達が2人います。もっと言えば大切に育てたお子さんを亡くされた方だって何万人もいるわけです。悲しみの大きさは比べられませんが、少なくても、これらのことに向き合って、乗り越えている人達も同じだけいるわけです。そういう人たちがきっとまた新しい幸せを見つけることができるんだと思うんです。
赤ちゃんができて元気に出産することは本当に奇跡だと思っています。元夫とは縁が無かったということです。新しい出会いと結婚に向けて踏み出せることを祈っています。
名無しさん 9時間前
流産、死産は思っているより多い。
そして経験者しか分からない辛さや悲しみ。
出産って、本当に大変。
妊娠・出産は当たり前じゃない。
だからこそ、皆が知るべき事だと思う。
義務教育でもっと丁寧に教えるべきだと思う。
名無しさん 5時間前
この主の言う事に、賛成します。
妊娠出産は、当たり前ではありません
健康な方でも、命をかけた大変なものです
ましてや、間下このみさんの糖尿病と抗リン脂質、不育症、、
病気を持つ人に、産むなとは言いませんが、リスクはかなり高いです。
そして、死産を商売に利用するのが、許せません。
この方、病気を理由にした売り込みを10年前から辺りもしています。
本当に苦しんでいる方々にを踏みにじっています
名無しさん 1時間前
この主さんの言うとおりですが、性教育さえ否定する日本の教育現場では無理でしょうね。
性教育ははしたないから好ましくないとお考えの幼い方々ですから、事なかれ主義なんです。
イジメを無くす為にも命の尊さを教えるいい機会だと思うのですが・・
名無しさん 50分前
セックスは汚いとか中古だとか、不健康な考えだと思うわ。
だってそんなん言うたら全ての人間は、みんな父親が犯した中古穴から生まれてきたんやで?
性器や分泌物がそんなに汚いものなのかい?寝起きの口内やスマホの画面の方が汚いよ。
まあ、男と女の捉え方の違いかもしれないけど…
名無しさん 10時間前
こういった経験をされた人がコウノドリを観て何かを思えるって、視聴者に寄り添えてるドラマなんだなって改めて思った。
名無しさん 5時間前
コウノドリのような漫画は取材も時間がかかり、描くのもかなりの配慮をしながらだから、製作がものすごい大変なのに、萌え系漫画のようにグッズやゲームが出たりするわけじゃないから、作者がそんなに儲からないんですよね。何かしらこういう素晴らしい漫画を描く人を支援する制度が欲しいところです。
名無しさん 1時間前
展開がワンパターンではあるけど、それでも良いから今後も色んなケースの妊娠・出産を扱って欲しいね。
そして学校で見せれば良いと思う。
名無しさん 5分前
私は原因が分からずなかなか妊娠出来ずにいます。だから、とてもじゃないけど、コウノドリを感動番組としてなんか観られません。昨日たまたまダイジェストがやっていて、夫が不在だったため、怖いもの観たさについ観てしまったら、感動ではなく、辛くて涙が止まりませんでした。
あれ、泣けるよね?って気軽に言えるのは、今幸せな結末を手に受けている人たちだけなんじゃないでしょうか?
名無しさん 9時間前
本当に、出産って奇跡的なことだし、
生命ってとっても尊いんだと思いました。
自分が妊娠したときも、
まずは心拍が確認できるまで、
次に安定期に入るまで、
あとは無事に出産するまで、
出産した後は1日1日無事に生きて、
ちゃんと成長するかどうか…
常に不安で不安で、
心配ばかりしています。
事故やいじめ、犯罪に巻き込まれて命を落とされたニュースをみても心が痛い痛い。
この、コウノドリを学校などの授業で取り入れ、
いかにヒトの生命は奇跡的で、
それを大事に想う人がどれほどいるかということを子供たちに学んで欲しいです。
名無しさん 6時間前
中古ってどういう意味?
名無しさん 6時間前
性経験がある=中古らしい。いつの時代やねん!!
名無しさん 5時間前
性経験がある=中古!!
ほんといつの時代の話だか、ですよね。
ほんとに、性経験が豊富だからとか、乏しいからとか関係なく、
お互いが大切で、愛のある…ってのも大事だけど、
そういう行為をすると、
100%の避妊は難しく、
避妊が難しい=赤ちゃんができるかもしれなくて。
でも欲しくても出来ない方もたくさんおられるから、
赤ちゃんが出来るってことの確率、
大切にしてても育たない確率、
無事に成長できる確率、
犯罪に巻き込まれるかもしれない確率、
逆に犯罪者になってしまうかもしれない確率。
その全てを親になる「性経験がある者」が背負っていくという重さ。
小学生から性教育はされているけど、
中学、高校くらいになったら、
そこまでつっこんで、
ちゃんと重さを教えて欲しいです。
もちろん、学校でだけでなく、ご家庭でも。
名無しさん 10時間前
流産死産を繰り返したが検査は異常なし
こういった場合、出産にたどり着くまで妊娠し続けるしかない
お腹の中の赤ちゃんね、心臓動いてないな、止まっちゃってる
あの台の上で宣告される時が一番怖い
名無しさん 8時間前
私は切迫流産で大量出血しましたが何とか出産する事ができました。
たかだか3カ月お腹にいるだけなのに、自分の命より大事なものの様に感じた事を思い出しました。退院後は毎日が不安でした。
ヤフーコメントなどで最近よくコウノドリの話題も多く、流産された方達のコメントを見る度に涙が出てきてしまいます。
そして子供を虐待するニュースや産み捨てるニュースを見る度に胸が苦しくなります。
周囲には2人目を今のうちに、とよく勧められるのですが妊娠するのが怖い、妊娠出来なかった場合発覚するのも怖いというのが正直な気持ちです。
名無しさん 7時間前
死産後の妊娠中、検診時にもしもの事があるんじゃないかと不安で怖くて、よく病院行く前に泣いてました。
名無しさん 7分前
1度目は何日か泣いて過ごし、2度目は黙ったままエコーを動かす先生に血の気が引いて
3度目は先生に「あれっ?」と言われただけで真っ青になるほどまでに心が限界を迎えて諦めてしまいました。
名無しさん 10時間前
一つの大切な命だということ
名無しさん 8時間前
不育症にもいろいろありますが、私も同じ抗リン脂質抗体症候群。妊娠さえしなければ、何も治療など必要のないものです。
出産間近まで投薬と1日2回の自己注射。痛くないわけがなく。後半は皮膚が硬化、打てる場所を探すのも一苦労でした。
それでも、注射さえしていれば妊娠を維持できる。子どもを生かすためなら5回だろうと10回だって打ってみせる、と自分を奮い立たせていました。
自然のままではお腹の子を育むことすら出来ない。私は間違ったことをしているのではないか?この子の命は本来生まれるべきものではないのでは?と悩んだこともありました。
でも、その考えは医療の力を借りて生きている多くの方達を不定することにもなると思い、現代に生きていること、医療機関の方々に感謝し、お腹の子どもの生きる力を信じようと心を強くしました。
今は二人の子の母です。同じ病気の方の励みになれば、ご理解のお役に立てれば幸いです。
名無しさん 9時間前
原因不明の不育症で4度の流産、結局子宝には恵まれませんでした。
この方のように原因や治療法がわかる場合の方が少ないですし、こどもがゼロと一人では大きな違いです。
どれだけ望んでも生むことができない。
不育症への対策や理解も、もっと進んでほしいと思います。
名無しさん 9時間前
いつも思うのは、子供を望んでる人達のところにだけ赤ちゃんが来てくれたらいいのにな…って事。生まれて間もなく親の手によって命を奪われるなんて事が無くなって欲しい。
名無しさん 8時間前
長期の不妊治療で授かった娘が生後2日後に他病院のNICUに搬送された時の事を毎回思い出しました。車を持っていなかったので入院中はタクシー、私が退院後は電車で40分かけて面会に行っていましたが、普通ならずっと一緒に入れるのに病院の保育器で色々繋がれて一人で寝ている姿を見たら無力な自分と申し訳なさでいつも保育器の外から泣いてみていました。置いて帰るのが辛くてつい長くいてしまいましたが、写真を撮ってどんな治療をしたか等を毎日スタッフさんが日記にしてくれていたり、面会中に他の赤ちゃんに話しかけている姿を見たら『この子は今ここにいるのが一番なんだ。こんな多くの人に優しく声をかけてもらってるならこの子は一人で寂しく毎日すごしているんではないなぁ』と後半は安心してNICUに通うことができました。
名無しさん 8時間前
不育症ではなかったけれど、二度流産を繰り返したので三度目の妊娠の時は、正直生むまで毎日不安で仕方がなかった。
三度目の妊娠で、初めて心拍が確認でき、内診台の上で心臓の音を聞かせてもらった時のあの時の嬉しさと流した涙の事は未だに忘れられない。
コウノドリは、私を初心に戻らせてくれる、そんな存在。
私もあんな担当医だったら良かったな。
名無しさん 7時間前
東京に住む妹が去年死産を経験した。先日泊めてもらったとき、毎日お線香をあげて、出かける時、帰ってきた時には同じサイズであつらえた熊のぬいぐるみに話しかけているのを見てると、かける言葉が見つからなかった。少子化といわれる中、不妊、不育症に悩み、とても不安になりながらそれでも前を向く人が沢山いる。
名無しさん 9時間前
このみちゃんはいつまで経っても可愛いですね。子供の頃から可愛いと思っていました。その明るくてかわいい笑顔の裏に悲しい出来事があったのですね。女性として大きなショックの一つですね。二人目、よく頑張りました。今後の活躍を応援したいです。(と、言っても私にはなにも出来ませんが。)
名無しさん 7時間前
私は去年流産しました。
1年過ぎましたが、妊娠はしません。
最近はもう諦めてます。
出来なきゃ出来ないで、パートナーと二人で
別の幸せを探していきたいです。
名無しさん 8時間前
妊娠中、定期検診で病院に行った際、
待ち合いで室で、看護師さんに
『おめでとうございます。』
と声をかけられていた女性。
お腹をそうっと撫でながら、
『でも、また、だめだったら。』と
不安そうな表情をされていました
大きなお腹で、近くに座っていた私は、
何だか申し訳ない気持ちになりました。
経過が順調な妊婦と、何かしらのリスクを
抱えた方、不妊治療中の方が、適度な距離を
もって診察が受けられるような環境が、
より整ってくれたらいいなと思います。
名無しさん 8時間前
私自身も二度、流産を経験しました。
妊娠した!→エコーでお腹の中の赤ちゃんを見つける→数日後、切迫流産。二人目もお腹に袋は見えるけど、赤ちゃんの姿がない、今回も。二人目は、「コウノドリ」のように、麻酔して手術でした。
産婦人科での手術だったので、術後、これから産む妊婦さんと同室が辛かった。翌日、逃げるように退院しました。
赤ちゃんが育たない体なのかと本当に悩みました。
当時、調べることはしませんでしたが、その後、出血はしても二人出産することができました。
産まれるまで、きちんと育つのか、とにかく心配はありましたね。
今は思春期で別の悩みになりましたけどね。
お腹で宿すこと、出産できることが当たり前ではないのだと、番組を通して、思い起こされます。
名無しさん 10時間前
あの頃の面影残ってるね。今も可愛い。
名無しさん 8時間前
私も、2度の流産後、検査をしたら、間下このみちゃんと同じ病気であることが判明し、3度目の妊娠で、この病気の治療法である、毎日お腹に自分で注射をしていました。その結果、無事に元気な子が生まれましたが、治療をしても100%絶対ではなかったので、産まれるまで、毎日不安な思いをしながら過ごしていました。
自分が流産を経験するまでは、妊娠したら普通に産まれてくると思っていましたが、妊娠、出産は本当に奇跡の連続なんだと思いました。
名無しさん 9時間前
天才子役として、スクールウォーズ出演、さんまさんとの共演、今では39歳のお母さんですか・・・。時が流れるのは速いですね・・・。
名無しさん 10時間前
所さんのただものではないって番組が懐かしい!
名無しさん 8時間前
私も流産を繰り返しましたが、経験してない人にはなかなかわかってもらえない。
名無しさん 7時間前
自分も死産、流産を数回づつ経験しました。
死産した子供も見ました。
綺麗に出てきた子も、ぐちゃぐちゃにあばら骨出てる子も。
辛かった。
でも本当に辛かったのは元嫁さん。
キツいし辛かっただろうね。
俺も一生忘れないし背負います。
今は健康で可愛い娘います。
感謝しています。
これまた産んでくれた人は元嫁になったけど、感謝とリスペクトは忘れないし伝えて生きてます。
命の誕生は当たり前ではないので感謝を忘れずに。
名無しさん 4時間前
不妊や不育は本当に人それぞれで、同じ状況という人は1人もいません。
不妊の人は不育の人は妊娠できていると羨むかもしれないし、
不育の人は流産死産の辛さは経験しないとわからないと思うかもしれない。
経産婦は出産や子育てはもっと大変だと思うのかもしれない。
人と比べだすとキリがないし、ひたすら誰かを羨み誰かに同情するだけになってしまう気がします。
誰が1番大変だとかではなく、色んな状況の人がいることを知り、それぞれの立場や思いを理解しようと努めることが、大切なんじゃないかなぁと感じます。
名無しさん 4時間前
前回のコウノドリの放送の時、妊娠中でした。もうすぐ産まれてくる赤ちゃんの胎動を感じながらみていましたが妊娠9ヶ月で早期胎盤剥離で天国に行ってしまいました。私自身も危ない状態でしたが私だけ助かりました。
長女がいるので普通には生活していますが一人きりになるとまだ苦しくてしかたありません。
毎日あの時こうしてたら助かったんじゃないかとか後悔の日々です。
妊娠し出産することはとても大変で奇跡なんことです。
まだ赤ちゃんをみることも辛いので今のコウノドリは観ることが出来ません。録画はしてあるのでいつか観ることができたらいいなと思います。
名無しさん 10時間前
明石家さんまの番組に出てたこのみちゃんかな?39歳という年齢にビックリ!自分も年取ったんだなとしみじみ思いました。
  • 0
    • -
    • -
    • -

    ももクロ・百田夏菜子、山寺宏一と“母子デュエット”で、主題歌を生披露

    • 2017.12.10 Sunday
    • 08:41
    ごきげんよう。管理人です!! 今日も見てくれてハッピーであります。 巷の数多くのお話をお知らせしましょう。

     ももいろクローバーZのリーダー・百田夏菜子が9日、都内で行われた『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』大ヒット御礼舞台挨拶に、山寺宏一、原作者・原ゆたか、ゾロリとともに登壇。本作の主題歌で、ゾロリ役・山寺とのデュエット曲、ゾロリーヌwithゾロリ『夢は心のつばさ』を生披露した。

    【写真】主題歌を披露する百田夏菜子と山寺宏一

     原作は、“いたずらの王者”を目指すキツネのゾロリが、双子のイノシシのイシシ&ノシシを子分に冒険を繰り広げる、こどもたちに圧倒的人気を誇る児童書『かいけつゾロリ』シリーズ。30周年のアニバーサリーイヤーに公開される映画第5作目の本作では、ゾロリたちが過去にタイムスリップし、衣装に縫い付けられたトレードマークの「ZZ(ダブルゼット)」の秘密が明かされる。

     百田は、ゾロリが過去にタイムスリップした際に出会う、若き日のゾロリの母“ゾロリーヌ”役の声を務め、さらにソロとして初の主題歌(ゾロリ役の山寺宏一とのデュエット)も担当している。

     長年ゾロリの声を担当している山寺は「原作が30周年ということで、みんなで気合を入れて作った作品なので、たくさんの方に観て、楽しんでいただけて本当に嬉しい」と喜びをかみ締め、「今回の映画は、オリジナルのストーリーということで、一体どんな作品になるんだろう?とワクワクして、武者震いとオナラが止まりませんでした。……あ!オナラはイシシとノシシでしたね。僕がオナラをしちゃダメですけど(笑)。それくらい興奮して前のめりでした」と笑いを交えつつコメント。

     本作で声優本格初挑戦となった百田は「声優のお仕事ということで、すごく緊張もしましたが、一生懸命、命を吹き込むように頑張りました」と打ち明け、「小さいころからゾロリを読んで育ってきたので、お話をいただいたときは、嬉しさと嘘でしょ!?という驚きがありました。好きだからこそ、この作品を私が変な風にしてしまったらどうしよう。ゾロリママのイメージを壊してしまったらどうしようという不安もありました」と振り返った。

     また、監督から『恋愛映画のヒロインを演じるようにやってほしい』という指示があったそうで、「恋愛映画って、やったことないし(笑)。恋愛要素っていうのもよくわからなかったんですけど」と苦笑いをみせつつ、「でも、心からゾロリを思う気持ちを表現できたらいいなと思ってずっと演じていました。なので、山寺さんに初めてお会いしたときに、なんとも言えない気持ちになって。山寺さんの中にゾロリを感じて、なんか……好きなのかなって(笑)」と突然の告白。

     一方の山寺は「ちょっと待って。今大変なことになってる! マスコミの方も来てるし、夏菜子ちゃんのファンの方も来ているのに、“この人のこと好き”みたいなこと言われたけど……」と動揺。改めて百田が「山寺さんとゾロリがダブって見えて、“あ、この人のことをずっと思いながらやっていたんだな”って思ったんです。主題歌のレコーディングのときに初めてお会いしたんですが、何度もお会いしたことがあるような感覚になりました」と説明すると、山寺は「なんと言っても(百田が演じたゾロリーヌの)息子役だからね。嬉しい」と語りつつ、ゾロリの声で「ドキドキしたぜ!!」と照れ笑いを見せていた。

     本作では、ゾロリの衣装のトレードマーク「ZZ」のひみつが明らかになるが、このエピソードは「原作のエンディングのためにずっととっておいた話」だと語った原氏。「いつ出そうかと思っていた。でも、ゾロリには永遠に旅を続けてほしいと思ったので、映画に使ってほしいと託しました。演出上、すごく上手く使ってくれたので嬉しかったです」とニッコリ。また、百田について「最初は不安げだったのが、だんだんコツを掴んできて、最後には母性も出てきて。この映画は夏菜子ちゃんの進化がみれる。“すごい人に頼んだな”って大喜びしました」と語り、「ネットの評判とかも気になって見ているんですが、夏菜子ちゃんが褒められているのを見るとめっちゃ嬉しい。人が褒められて嬉しいて初めてかも」と明かした。

     11月25日(土)より全国公開し、シリーズ過去最高スタートをきった本作。その大ヒットを記念して、ゾロリママ(百田)&息子・ゾロリ(山寺)の母子役で、主題歌『夢は心のつばさ』を生披露することに。観客の前で披露するのはこの日が初めてだったが、劇中の母子役さながらの息ピッタリなハーモニーに、観客からも温かい拍手が送られた。歌い終わった後、山寺が「ママ、ありがとう」と感謝の言葉を述べると、百田は「息子よ、よく頑張った!!」と笑顔で返し、笑いを誘っていた。

     最後に百田は「映画も歌もすごく前向きになれるので、私も“頑張らなきゃな!”って思うときは、この歌を聴きたいと思うし、もう1度映画を見返して、映画の世界に入りたいなって思えるくらい、本当に素敵な作品になっています」と語り、「たくさんの方に、そんな風に“ゾロリの映画にもう1度は入りたい”と思ってもらえたら嬉しいです」と呼びかけた。

     『映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ』は全国ロードショー中。なお、オーディション&エンタメサイト『Deview/デビュー』では、本作でヒロイン・ゾロリーヌの声を担当した、百田夏菜子のインタビューを掲載中。

    • 0
      • -
      • -
      • -

      NHKは最高裁判決でウハウハ? 「そうでもない、かも」の微妙な論点

      • 2017.12.10 Sunday
      • 08:34
      ご機嫌いかがですか。 びっくりするようなニュースが毎日起きますね。 本日もブログも更新しますよ

       NHKが、テレビを持ちながら受信料を払わない男性に支払いを求めた訴訟の最高裁判決が2017年12月6日に示され、男性に受信契約の締結と受信料の支払いが命じられたが、NHK側の求めがすべて受け入れられたわけではない。

       判決文をみると、これ以外にも「受信契約はどうやって成立するか」「受信料の支払い義務は時効消滅するか」といった点についても示された。

      ■「判決の確定によって受信契約が成立する」

       最高裁判決では、「協会(編注:NHK)の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と定める放送法64条1項を「合憲」とする初判断が示された。男性は受信契約の締結と、受信料の支払いを命じられたが、NHKの求めが認められなかった点もある。

       まずNHKはこの裁判で、「(NHKから)受信設備設置者への受信契約の申込みが到達した時点、あるいは遅くとも申込みの到達時から相当期間が経過した時点」で、締結を拒んでいたとしても「受信契約が成立する」旨を主張していた。だが、判決ではこの主張を「受信契約の成立には双方の意思表示の合致が必要というべきである」として認めなかった。

       そこで、テレビがありながら受信契約の締結に応じない場合は、民法と民事訴訟法の規定に従い、「(NHKが)その者に対して承諾の意思表示を命ずる判決を求め、その判決の確定によって受信契約が成立する」と、裁判が必要であることを示した。

       上記のように、受信設備があれば受信契約が義務付けられている以上、訴訟になったら「負ける(契約締結に至る)」のだろうか。この点、弁護士法人・響の天辰悠(あまたつ・はるか)弁護士は7日、J-CASTニュースの取材に対し、

        「審理の終結時点で受信設備を有している限り、『負ける』=契約締結に至るでしょう。審理終結の時点で受信設備がなければ、契約の主体となり得ないので意思表示が命じられることはありません」

      と回答した。

       今回の判決をうけ、NHK側は今後、どんどん訴訟を起こしていくのか。天辰弁護士は、次のように見解を示す。

        「対象世帯が膨大であると考えられること、訴訟を起こすにはコストがかかること(そしてその費用も受信料が財源になる)、審理終結時までに受信設備の利用を廃止されれば結局は受信契約締結という目的が達せられず、イタチごっこの可能性も有り得ることから、全件訴訟に踏み切るのは難しいのではと考えます。ただ、NHK側としてはこの判決はいわゆるお墨付きとなるわけですから、対象世帯への呼びかけにあたり、より強気な姿勢で臨むことになるのではと予想されます」

      1/2ページ

      • 0
        • -
        • -
        • -

        2017年12月09日のつぶやき

        • 2017.12.10 Sunday
        • 03:00
        23:26
        北 エルサレム首都認定を非難 https://t.co/uZMA2siTCN
        22:39
        IS掃討 イラク首相が勝利宣言 https://t.co/JcsY9nrHTB
        21:33
        米山火事 鎮火の見通し立たず https://t.co/NUxVdxORZk
        21:33
        北「緊張はアメリカに原因」 https://t.co/WQQj1egdgG
        20:31
        石炭禁止 中国北部で凍傷も https://t.co/JKYOElFVPa
        19:23
        北 核実験場付近で自然地震 https://t.co/MZuFhxJ7Kl
        17:26
        ノーベル賞受賞者 女性は5% https://t.co/xL1Kyh5r8O
        16:37
        部下に出産要求 米議員が辞任 https://t.co/JSLg8k4nDs
        15:36
        北「国連と意思疎通定例化」 https://t.co/0WUPpnc8fr
        15:36
        パレスチナ 攻撃の応酬続く https://t.co/p5wEsDriF1
        15:36
        オバマ氏 ナチスを例に警告 https://t.co/bsxH9QIA0i
        14:26
        フォアグラも不足 仏は三重苦 https://t.co/Zm4QuzeHxv
        11:26
        安保理で批判噴出 米が孤立 https://t.co/RxZhKP3Qwn
        11:26
        米パウエル副補佐官が辞任へ https://t.co/TEbcPETcA0
        08:26
        首都認定を巡り衝突2人死亡 https://t.co/ndQqihoNJH
        08:26
        米 中距離ミサイル開発に着手 https://t.co/l33B6MeeVx
        01:28
        PKO部隊の14人死亡 コンゴ https://t.co/PTsgFSyHI1
        01:27
        燃えさかる山火事の側で果敢に野性のウサギを助ける男性のムービー https://t.co/RRt7sB12u7
        01:27
        「伯爵のようにウィスキーを味わう方法」をリアル伯爵風のウィスキー専門家がコミカルに解説 https://t.co/d4sUIqSRht
        01:27
        働かなくてもお金がもらえる「ベーシックインカム」を導入すると何が起こるのかをアニメでわかりやすく解説 https://t.co/yHzQLZKDYm
        01:27
        肉厚なデミグラスハンバーグが丸ごと1個挟まれたハンバーガー「デミハンバーグシリーズ」をファーストキッチン・ウェンディーズで食べてみた https://t.co/zroc2ElZUS
        01:27
        1台のPCをまるごとアニメに特化した自動録画予約マシンにしてくれる「foltia ANIME LOCKER」 https://t.co/8YqkhMp9jF

        profile

        profilephoto


        search this site.

        スポンサードリンク

        selected entries

        スポンサードリンク

        categories

        スポンサードリンク

        links

        スポンサードリンク

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>

        スポンサードリンク

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM